Home 会員 会社概要 特定商取引表示 プライバシーポリシー
ブログ ブログ お問い合わせ
PDF注文ファイル ワード注文ファイル


株式会社ファブリル
Copyright 2007-2019(c)
このページを印刷します。
ハードワックスプロ A・B・C・バーチ・ホワイトセット

ハードワックスプロ A・B・C・バーチ・ホワイトセット

・長さ4cm
・主成分はミネラル油脂
・適度な硬質性があり柔軟性も持たせているのでひび割れ対策に すぐれています
・密着性を極限まで高めています
・使用は基本的にホットナイフでの埋め込みになります(高い所などはフィラーアプリケーターに取り、ドライヤーなどで温めて埋め込み可能)
・従来のハードワックスよりも粘度をアップさせており液ダレを軽減させています ・隠ぺい力を高める為、顔料の含有率を極限まで増量しています
・充填→面だし後、ワックス特有のテカリを少なくしています





ハードワックスプロ A・B・C・バーチ・ホワイトセット

ハードワックスプロ A・B・C・バーチ・ホワイトセット

ハードワックスプロ A・B・C・バーチ・ホワイトセット



商品詳細
1.傷のバリやゴミを平らになるように取り除きます
2.傷の周りに近い色をブラシペン・ペイントボックスで着色します(この時下地が出ていれば木への吸い込みで色が暗くなるので明るめの色から塗ります)
3.ハードワックスプロをホットナイフで近い色3色をまぜながら埋め込みます(この時、完全に色を混ぜ合わせるのではなく少し曼荼羅のほうが良くなじみます)
4.十分ハードワックスプロが固まってからフィラーアプリケーター・スクレーパー・メタルプレーナーなどで面だしを行います ※フィラーアプリケーターギザキザ部分の∧∧∧、∩∩∩で削りますと密着性が良すぎてハードワックスプロが伸びるので注意してください。
5.周りに着いた余分なハードワックスをコットンクロスを巻きつけたフエルトパッドにリキッドサンドペーパーをしみ込ませ拭き取り、充填部分の面だしの調整をします
6.木目の筋・溝がある場合フィラーアプリケーターを木目にそってこすり、筋を入れることによって木目の復元をします
7.必要に応じてブラシペン・ペイントボックスなどで木目の再現と周囲のぼかしをします
8.下地剤のサンディングスプレーをしサンディングをします(下地剤をすれば強度が増すと同時にスプレーの密着性がよくなります)
9.艶の合ったアクリル・ラッカー・水性スプレー・コーティングスプレーのいずれかで艶を合わせます